TOEIC Bridge


TOP  NEXT  BACK
試験概要

TOEIC Bridge はTOEIC への架け橋という意味を込めて、基礎的な英語コミュニケーション能力を評価する世界共通のテストとして開発されました。
TOEIC の特長を備えつつ初・中級レベルの英語能力測定に照準を合わせて設計されたテスト、それがTOEIC(R) Bridge です。


特徴は以下の通りです。

1、 初・中級レベルの英語コミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。

2、 結果は合格・不合格ではなく、リスニング、リーディング(各10点〜90点)とトータルスコア(20点〜180点)、および5分野3段階のサブ・スコアで評価します。

3、 テスト時間と問題数をTOEIC の半分に設計しています。(1時間・100問、リスニング25分間・50問、リーディング35分間・50問)

4、 TOEIC よりも平易で身近なコミュニケーション場面や素材をテスト問題に採用しています。

5、 リスニングセクションの出題スピードはTOEIC より遅く、ネイティブスピーカー(英語を母国語とする人)が「注意深く」話す際のスピードと同じです。


試験形式

TOEIC Bridge は1時間でSection1のListening 50問Section2のReading 50問の合計100問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。

テストは英文のみで構成されており、和文英訳・英文和訳といった設問はありません。解答方法の指示も英文のみです。

出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙にマークシート(正しいと思われる解答番号を選択して黒く塗りつぶす)方式で記入します。


試験内容

Section1 - Listening テスト(50問、25分間)-3つのPartで構成されています。テープから流れる会話やナレーションを聞いて設問に答えます。-とSection2 - Reading テスト(50問、35分間)-2つのPartで構成されていて、印刷されている問題を読んで設問に答えます。-から構成されています。


試験日程・受験地等

受験地は札幌・仙台・埼玉・千葉・東京・神奈川・ 名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡です。
※学校・公共機関の施設を会場として予定しています。

回数 試験日 申込期間
第13回 2004年11月21日(日) 8月20日(金)
〜10月20日(水)締切
第14回 2005年3月6日(日) 12月20日(月)
〜2月2日(水)締切
第15回 2005年6月12日(日) 4月1日(金)
〜5月11日(水)締切
第16回 2005年9月4日(日) 7月1日(金)
〜8月3日(水)締切


検定受験料

4,200円(消費税5%を含む)


受験者数等試験データ


受験者総数 1197人
Section I
Listening
Section II
Reading
Total Score
最高スコア 90 90 180
最低スコア 10 30 74
平均スコア 67.1 66.9 134.0
標準偏差値 9.7 12.4 20.3

TOEIC Bridge では、テスト結果を合格・不合格ではなく、スコアで評価します。


その他

受験資格はありません。

TOEIC Bridgeがスタートして1年以上が経過。IPテストの採用団体数は教育界を中心に増加し、100団体を超えました。「実践的コミュニケーション能力」を重視した教育内容へと変わっている中で、中学や高校においてTOEIC Bridgeは幅広く活用されています。


お問い合わせ先


財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC 運営委員会 TOEIC Bridge 事務局

東京業務センター
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
TEL:03−5521−6007
FAX:03−5521−5887

大阪業務センター
〒541-0059 大阪市中央区博労町3-6-1 御堂筋エスジービル
TEL:06−6120−0584


http://www.toeic.or.jp/

TOP  NEXT  BACK