国際会計検定(BATIC)


TOP  NEXT  BACK
試験概要


国際会計検定(BATIC)は、Bookkeeping and Accounting Test for International Communication の頭文字を取ったもので、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」のことです。

日本と外国両方の会計ルールに精通し、国際ビジネスの掛け橋になれるリキャスティング能力を持った人材を育成することがこの試験の目的となります。


試験形式

Subject 1 (英文簿記)とSubject 2 (国際会計理論)の2つの試験があり、2つの試験の得点を合計(1000点)してレベルを認定します。

認定されるレベルには以下のものがあります。

スコア880から1000 コントローラーレベル

スコア879から700 アカウンティングマネージャーレベル

スコア699から300 アカウンタントレベル

スコア319から200 ブックキーパーレベル

問題はマークシート方式による選択問題および記述問題が英語で出題されます。

試験結果の合否ではなく、1000点満点のスコア制で受験者全員に点数の認定を行います。


試験内容

Subject 1 (英文簿記) 1時間30分
ブックキーパーレベル問題とアカウンタントレベル問題 400点

Subject 2 (国際会計理論)
 2時間30分
アカウンティングマネージャーレベル問題 300点
コントローラーレベル問題
 300点


試験日程・受験地等

平成16年度

第7回 試験日 7月18日(日) 申し込み期間 5月11日(火)〜6月11日(金)まで

第8回 試験日 12月19日(日) 申し込み期間 10月12日(火)〜11月12日(金)まで


試験会場
全国44箇所の商工会議所で実施します。


検定受験料

9870円(Subject1のみ
5,250円/Subject2のみ7,770円)


受験者数等試験データ

平成14年度
認定レベル 受験者数 認定者数
ブックキーパーレベル 5010人 1432人
アカウンタントレベル 1865人
アカウンティングマネージャーレベル 389人
コントローラーレベル 4人


その他

受験資格はありません。

Subject1のみ・Subject2のみ・Subject1とSubject2同時と自由に受験することができます。ただし、Subject2のみを受験する場合、過去にSubject1で320点以上(アカウンタントレベル)を取得していることが必要です。


お問い合わせ先


東京商工会議所 検定センター
 
 〒100-0005
 東京都千代田区丸の内3-2-2
 東京商工会議所ビル3F

TEL:03-3283-7677

URL: http://www.kentei.org/batic/index.html

TOP  NEXT  BACK