国際秘書検定(CBS検定)


TOP  NEXT  BACK
試験概要


国際秘書検定(CBS検定)試験とは、日本秘書協会が1979年より毎年一回、正しいコミュニケーションを通じて異文化の橋渡しを可能にする秘書の育成を目指して実施している試験です。


試験形式

プライマリー試験(1次試験)とファイナル試験(2次試験)の2つの試験があります。

プライマリー試験合格者がファイナル試験を受験できます。


試験内容

プライマリー試験(1次試験)10:00から13:00まで

PART I 秘書に必要な正しい日本語と応用能力の審査
PART II 秘書に必要な基礎英語の知識、応用能力の審査


ファイナル試験(2次試験)
10:00から16:30まで

PART I 秘書適性、秘書業務管理、レコードマネジメント、経営・会計・法律に関する知識
PART II 秘書業務と秘書技能に関する審査(In-Basket方式)
PART III 英文ビジネス文書に関する知識と応用
PART IV 日・英語両語による面接


試験日程・受験地等

2005年度

プライマリー試験(1次試験)
試験日 5月28日(土)
試験会場 東京 大阪 名古屋

ファイナル試験(2次試験)
試験日 9月17日(土),18日(日)
試験会場 東京


検定受験料

プライマリー試験(1次試験) 13000円

ファイナル試験(2次試験)
 20000円

税込みです。


受験者数等試験データ

未公表です。


その他

受験資格はありません。

プライマリー試験に単科合格した年を含め、4年以内にプライマリー、ファイナルの全科目に合格した方に対し、CBSの資格が与えられます。不合格科目についてはこの期間内に再受験ができます。


お問い合わせ先


社団法人 日本秘書協会CBS検定係
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-6-2 八重洲一丁目ビル8階
TEL(03)3271-0801

URL: 
http://www.hishokyokai.or.jp/

TOP  NEXT  BACK